「栄枯盛衰」蓋物
身の部分は繁栄を蓋の部分は衰退を表しています。
古瓦を模した蓋(写真奥)を手前の金彩の本体に被せます。





古瓦は骨董市で手に入れました。江戸時代の物という事です。
奥が実物でそれをモデルに作っています。





石膏鋳込みによる成形はモールドが甘くなるので部分的に彫りを入れ直し
さらに「割れや欠け」を実物と見比べながら加えていきます。





針先を使ってヤモリの鱗を彫り込んでいきます。




ひと通りの作業を終えたところです。
この後ビニールくるみ、発泡スチロールの箱に入れゆっくりと乾燥させます。




彩色の作業です。陶土で出来た古びた瓦の表現を磁土でするには
試行錯誤が必要でした。





彩色を終えたところです。一見地味な色合いですが、かなりの
色数を使っています。



身(本体部)は釉下彩で唐花紋様を描き金彩で仕上げています。